【2019年7月動画検証】楽天モバイルスーパーホーダイ(低速モード)の通信速度

楽天モバイルスーパーホーダイの低速モードは最大1Mbpsの通信が使い放題になる仕様です。高速モードを使い切ったとしても最低これだけの速度が出る、というものです。

※通信が混雑する12時台と18時台は最大300kbpsに制限されます

最大1Mbpsも速度が出ればそこそこ使えるレベルですが、本当に1Mbpsも出るのか検証してみました。

平日朝

Speedtest

上り、下りともに上限以上の速度が出ていていい感じです。特に下りの初速は6Mbpsくらい出ていて、高速回線かと思うほどです。

Yahooニュース

画像や広告の表示には少し時間がかかってますが、テキスト部分だけならかなり速く表示されます。

YouTube

低画質(240p)で途切れずに見られます。スマホで見るには十分だと思います。

Instagram

スムーズに表示されます。十分な速度ではないでしょうか。

平日昼

Speedtest

12時台は最大300kbpsに制限されるのですが、下りが制限速度の倍近く出ています。

他社の高速回線と同等の速度が出ています。

Yahooニュース

ニュース1つ見るのに3分近くかかりました。午前同様、画像の読み込みが遅いです。

YouTube

最低画質(144p)ならギリギリ途切れずに見ることができました。

Instagram

午前中に比べると遅くもたつきますが、遅すぎるというほどではないと思います。

平日夜

Speedtest

上り、下りともに上限を超える速度です。下りは初速が2Mbps以上で、その後も上限の1.5倍くらいの速度が安定して出てます。

Yahooニュース

やはり画像の読み込みには少し時間がかかっていますが、テキスト部分の表示はかなり速いです。

YouTube

低画質(240p)でも途切れずに見ることができました。

Instagram

サクサク快適に表示されます。

まとめ

2019年4月に楽天モバイルスーパーホーダイのプランS(高速通信2GB)を契約し、4か月が経過しましたが、当時から低速モードの優秀さは変わっていません。

月額2,980円で、この速度の通信が使い放題&電話10分かけ放題&半額通話なので実用性はかなり高いと思います。

私は楽天ダイヤモンド会員なので、初年度は980円で使えますし、ポイント支払いもできて家計にも優しいし、個人的には大満足のサービスです。

ゲームなどで高速通信が必要な人には正直物足りないと思いますが、LINEをしたり音楽ストリーミングを聴いたりネットショッピングをしたり天気・ニュースを見たり低画質で動画を見たり、と生活で使う多くのことは十分快適に使えますので、多くの人におすすめできます。

2019年10月から楽天が独自回線のサービスを開始しますが、スーパーホーダイのドコモ回線も継続して提供するようなので、楽天回線の品質が安定するまではスーパーホーダイを使い続けようと思っています。

それくらい気に入っている格安SIMですので是非多くの人に使ってほしいと思っています。

楽天モバイルの動画は月に1回くらいは上げていこうと思ってますので、是非参考にしてください。

高速モードの記事も併せてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です