【2019年8月動画検証】IIJmio(ドコモ回線)低速モードの通信速度

IIJmioのドコモ回線を低速モード(最大200kbps)で使った場合の使用感を動画に撮りました。

速度計測アプリ、Yahooニュース、YouTube、インスタ、テキストチャットの体感速度を見ていきます。

テキストチャットは「Telegram」というアプリで確認していますが、LINEとかWhatsApp等と同じようなものと思ってください。

2019年8月版。

平日朝

Speedtest

初速バースト機能で最初だけ高速通信が発生し、その後はしっかり上限の200kbpsが安定して出ています。

Yahooニュース

画像の読み込みにはかなりの時間がかかります。最大200kbpsに制限されているので仕方ないですが。

YouTube

他社も同様ですが、200kbpsの低速通信で動画を見るのは無理ですね。かなり途切れます。

Instagram

1ページあたり20秒程度かかりますね。低速通信なのでこんなものでしょう。

テキストチャット

メッセージの送受信ともに一瞬で反映されますね。LINEの利用がメインの人ならこれで十分でしょう。

平日昼

Speedtest

初速バースト機能の振り幅が朝に比べると少ないですが、仕様通りの200kbpsは安定して出ています。

Yahooニュース

画像の表示はなかなか終わりませんが、テキストだけならそれなりの表示速度です。

YouTube

最低画質(144p)でも途切れるので動画視聴は難しいでしょう。

Instagram

1ページあたり20秒程度なので朝と同じくらいでしょうか。

テキストチャット

テキストと動くスタンプをそれぞれ送受信してみましたが、全て一瞬で反映されました。LINEを使う場合も大体同じような使用感と思ってもらえれば良いです。

平日夜

Speedtest

安定して上限の200kbpsは出ています。

Yahooニュース

やはり画像の読み込みにはかなり時間がかかりますね。これだけ時間がかかるとちょっとしんどいかもしれません。

YouTube

朝昼同様、動画視聴は不可です。

Instagram

タイミングによるのかもしれませんが、朝昼に比べると若干遅いです。

テキストチャット

テキストも動くスタンプも送信は一瞬ですが、受信は1秒ほどラグが見られました。ただ、1秒くらいなら問題ないかと思います。

まとめ

IIJmioドコモ回線の低速モードだけを切り取って検証してみましたがいかがでしょうか。

200kbpsでどれくらいのことができるのかわかって頂けたのではないかと思います。

今回の測定結果でも、時間帯に関係なく安定して200kbpsの速度が出ていましたので、安定感を求める人には最適の格安SIMだと言えます。

なお、動画には撮っていませんが、チャットアプリでの通話も試しましたが、低速モードでもほとんどラグは感じられませんでした。通常の電話と比較すると若干ラグがあるかな、というレベルで実用上は問題ないと感じました。

今回確認した限りでは、低速モードでもLINEなどのチャットアプリによるチャット・通話ともに十分使えそうです。

来月もまた計測する予定ですので是非参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です