【2019年9月動画検証】IIJmio(ドコモ回線)低速モードの通信速度

IIJmioのドコモ回線を低速モード(最大200kbps)で使った場合の使用感を動画に撮りました。

速度計測アプリ、Yahooニュース、YouTube、インスタ、テキストチャット(LINEの類似アプリ)の体感速度を見ていきます。

2019年9月版。

平日朝

Speedtest

初速バースト機能で最初だけ高速通信が発生し、その後はしっかり上限の200kbpsが安定して出ています。

Yahooニュース

画像の読み込みにはかなりの時間がかかります。また、タブの遷移がなかなかできません。今回は断念しましたが、1,2分待ってトップページの読み込みが完了しないとタブ遷移ができません。

YouTube

最低画質(144p)なら途切れずに見ることができました。先月はかなり途切れていましたので予想外です。高速モードの快適さと言い直近で設備増強があったのかもしれません。

Instagram

1ページあたり20秒-50秒かかっているので気長に待てる人じゃないと難しいです。

テキストチャット

テキストもスタンプも一瞬で反映されますね。LINEの利用がメインの人ならこれで十分でしょう。

平日昼

Speedtest

かなり遅いです。せめて仕様の200kbpsは出てほしいところですが、半分程度でした。

Yahooニュース

ニュース1つ見るのに1分かかりました。

YouTube

最低画質(144p)でギリギリ観ることができました。

Instagram

1ページあたり20秒-40秒程度なので朝と同じくらいでしょうか。

テキストチャット

テキストもスタンプも全て一瞬で反映されました。LINEを使う場合も大体同じような使用感と思ってもらえれば良いです。

平日夜

Speedtest

上限の200kbps近くは出ています。

Yahooニュース

やはり画像の読み込みにはかなり時間がかかりますね。タブ遷移ができない、1つのニュースを見るのに1分以上となかなかしんどいです。

YouTube

最低画質(144p)でもかなり途切れます。動画視聴は不可です。

Instagram

1ページあたり30秒程度で朝昼と同程度です。

テキストチャット

スタンプの受信に少しもたつきがありましたが、テキスト送受信とスタンプ送信については即時に反映されました。

まとめ

先月に引き続き、IIJmioドコモ回線の低速モードの使用感を見てきましたがいかがでしょうか。

やはり200kbpsだとできることが限られますね。

IIJmioは専用アプリから高速/低速モードの切り替えがワンタッチでできるので、YouTubeやインスタを見るときは高速モード、LINEをするときは低速モードに切り替えて使うこともできます。

契約プランを選ぶとき、容量が少ないと心配だからと1つ上のプランにすることはありませんか?

低速モードの速度や使用感が自分には十分だとわかれば、プランを下げて月額料金を減らすこともできますよね。

そんな方々のプラン選びのお役に立てれば幸いです。

来月もまた計測する予定ですので是非参考にしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です