Apple PayでのiD決済の使い方を徹底解説

2019年10月の増税により政府主導でポイント還元事業が行われていることもあり、キャッシュレス決済が注目を浴びています。

iPhoneで決済ができる「Apple Pay」は便利な機能ですが、設定ができるか不安、店舗で使うときにレジで操作に迷いそう、セキュリティが心配などで最初の一歩を踏み出せずにいる人のために、Apple PayでiDを使うための初期設定から店舗での使い方などを写真付きで詳しく説明します。

Apple PayとiDの違いは何か?

Apple PayもiDも名前は聞いたことがあるけど、それ自体が何なのかよくわからない、という人のためにまずは両者の違いを簡単に説明します。

Apple Pay ・・・ クレジットカードを入れる財布

iD      ・・・ 財布に入れるクレジットカード(決済手段)

なじみのある言葉で書くと、Apple PayとiDは財布とクレジットカードの関係なんですね。

では、iDについてもう少し細かく説明していきます。

iDとは実店舗でのクレジットカード払いの処理を簡便にするためのサービスのことを表します。そのため、インターネット上で決済処理が完結するネットショッピングではiDは使えません。

通常、クレジットカードで支払う場合、店員さんにカードを渡して処理をしてもらい、購入者は暗証番号の入力もしくはサインなどの本人確認をすることで支払いが完了します。

一方、iDの場合は、店員さんにカードを渡す必要がなく、レジカウンター脇にある端末に、スマホやカードをタッチするだけで本人確認なしで支払いができる仕組みになっています。

レジ横の端末にタッチするだけで支払いが完了します

Apple Payの設定手順

事前に用意が必要なもの

  • iPhone7以降のiPhone、もしくはApple Watch(Series 2以降)
  • クレジットカード(三井住友やイオンカードなど一部カード会社のみ)

対象クレジットカード会社はiDの公式サイトで確認してください。

事前作業

パスコードが設定されてないとApple Payが使えないので、まずパスコードを設定します。

①設定を開く

②「Touch IDとパスコード」をタップ

③パスコードを設定します

※iPhone8までは指紋認証、iPhoneX以降は顔認証も必要に応じて設定します

これで事前作業は完了です。

Apple Payの設定手順

 

①Walletアプリを開く

 

②画面右上の「+」ボタンをタップ

 

③「続ける」をタップ

④「クレジット/プリペイドカード」をタップするとカメラが起動する

⑤起動したカメラでクレジットカードの写真を撮る

⑥読み込まれたカード情報を確認し、カードに記載の名前を入力する

カードに記載された英字の名前を入力

⑦カードに記載されたセキュリティコードを入力し「次へ」をタップ

⑧利用規約を確認し「同意する」をタップ

 

⑨登録完了メッセージを確認し「次へ」をタップ

⑩カード認証処理(SMS、カード会社への電話等)を選択し「次へ」をタップ

⑪「アクティベート完了」と表示されたのを確認し「完了」をタップ

 

以上で設定完了です。少し手順は多いですが、入力は名前とセキュリティコードだけで他はタップして進めるだけなので、それほど時間はかかりません。

なお、Apple Watchへの設定は公式サイトを確認してください。

Apple Payの使い方

iPhoneへのApple Payの設定が終わると、あとは実際に店舗で使うだけです。

店員さんに何て言えばいいんだろう?と疑問に思っている方のために店舗での使い方を画面で説明していきます。

①Walletアプリを開く

②iDが使えるクレジットカードをタップ

※ここではAmazonカードをタップ

③セキュリティ認証(パスコード、指紋認証、顔認証)チェックをする

※画面は指紋認証の場合

④「リーダーにかざしてください」と表示されれば認証チェックOK

⑤レジで店員さんに「iDでお願いします」と伝える

※たまに音が似ている「Edy(エディー)」と間違えられることがあるので違ってたら「いでぃー」と「あ」を強調して再度伝えましょう。

⑥店舗の読取端末が光ったらiPhoneをかざす

 

以上で支払い完了です。

2回タップして認証チェックを通すだけなので全然難しくないのです。

Apple PayとカードタイプのiDとの違いはセキュリティ認証の有無

iD決済はApple Payだけではなく、カード会社がクレジットカードを発行する際に付帯サービスとしてiD専用カード(クレジット一体型の場合もある)を発行しますが、Apple Payとカードタイプでどんな違いがあるのかを見ていきます。

基本的にApple PayでもカードタイプでもiD決済でできることは同じですが、一つだけ大きく違う点があります。

それは、Apple Payは支払い時にセキュリティ認証が必要、カードタイプは認証が不要という点です。カードタイプは本人確認不要という手軽さを売りにしている部分もあるので、カードタイプに慣れている人がスマホでiDを使うと毎回認証チェックが必要な点は少し面倒に感じる人がいるかもしれません。

しかし、万が一落とした場合、Apple Payなら認証処理が必要なので悪用されにくいのに対し、カードタイプは好き放題使われてしまう恐れがあるので、Apple Payの方がセキュリティ面では安心であると言えます。

まとめ

Apple PayでのiD決済の初期設定と使い方、セキュリティ面の違いについて説明してきましたが、一度設定してしまえば以降は手軽に使えることがわかって頂けたのではないでしょうか。

そしてApple Payは必ずセキュリティ認証チェックがかかるので万が一iPhoneを落とした場合でも悪用されにくく安心です。

iDは全国のコンビニや飲食店、量販店など多くの店舗(決済端末96.5万台(2019年9月25日時点))で使えます。

これからキャッシュレス決済デビューの方にも使いやすくおすすめのサービスとなっていますので是非使ってみてはいかがでしょうか。

Apple PayでiDが使えるおすすめのクレジットカードはイオンカードです。年会費無料ですし、今ならWEB限定で新規入会者が10,000円以上利用すると最大10%ポイント還元されるキャンペーンも開催中(2019年12月2日 9:59まで)なのでおすすめの1枚となっています。

↓イオンカードの申込はこちらから↓

 

↓キャンペーンの還元率詳細はこちら(クリックすると画面全体に表示されます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です