Google PayでのiD決済の使い方を徹底解説

2019年10月の増税により政府主導でポイント還元事業が行われていることもあり、キャッシュレス決済が注目を浴びています。

Androidスマホで決済ができる「Google Pay」は便利な機能ですが、設定ができるか不安、店舗で使うときにレジで操作に迷いそう、セキュリティが心配などで最初の一歩を踏み出せずにいる人のために、Google PayでiDを使うための初期設定から店舗での使い方などを写真付きで詳しく説明します。

Google PayとiDの違いは何か?

Google PayとiDの関係性はこちらの記事を参考にしてください。Apple PayをGoogle Payに読み替えてください。

Apple PayでのiD決済の使い方を徹底解説

 

Google Pay ・・・ クレジットカードを入れる財布

iD      ・・・ 財布に入れるクレジットカード(決済手段)

Apple Payはアップルが提供する財布、Google Payはグーグルが提供する財布、という違いだけです。

 

Google Payの設定手順

事前に用意が必要なもの

対象カードはそれぞれの公式サイトを確認してください。

事前作業

Google Payアプリのインストールをしてください。

①Google Playストアアプリを開く

②検索バーに「google pay」と入力して検索(大文字、小文字どちらでも可)

 

③「Google Pay」をインストール

これで事前作業は完了です。

Google Payの設定手順

①Google Payアプリを開く

②「使ってみる」をタップ

 

③クレジット/デビット/プリペイドを選択して「同意する」をタップするとカメラが起動する

④登録したいカードをカメラで撮る

※画面中央の黒枠にカードを収めて撮ります

⑤クレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力し、請求先の住所欄をタップ

⑥カードに記載の名前と住所、電話番号を入力し、ボタン表示が「保存」に変わるまで「もっと見る」をタップする

⑦「保存」をタップ

⑧完了メッセージを確認し、「続行」をタップ

 

 

 

 

 

 

以上で設定完了です。

Google Payの使い方

AndroidスマホへのGoogle Payの設定が終わると、あとは実際に店舗で使うだけです。

店員さんに何て言えばいいんだろう?と疑問に思っている方のために店舗での使い方を画面で説明していきます。

①レジで店員さんに「iDでお願いします」と伝える

※たまに音が似ている「Edy(エディー)」と間違えられることがあるので違ってたら「いでぃー」と「あ」を強調して再度伝えましょう。

②店舗の読取端末にiPhoneをかざす

※支払いが完了したら音が鳴ります

以上で支払い完了です。

Apple Payとは違い、アプリの起動や画面ロック、スリープの解除も不要、認証も不要でスマホをかざすだけで使えます。カードタイプのiDと操作感は同じですね。

複数カードを設定したらどのカードで支払いされる?

アプリの起動も不要で、ただスマホをかざすだけでiDが使えてしまう訳ですが、複数カードのiDをGoogle Payに登録している場合、どのカードで支払われるのでしょうか。

複数カードが設定されている場合、iDで使うためのメインカードを設定することができます。

登録が1枚だけの場合は、自動的に「iDのメインカード」のスイッチがONになっているので設定不要です。

Google Payのセキュリティ

Google Payはアプリ起動や認証等が不要でスマホをかざすだけで決済できてしまいます。

便利な反面、スマホを紛失した場合のセキュリティ面が気になる人もいるのではないでしょうか。

Google Payが設定済のスマホを落とした場合は、携帯会社に連絡して遠隔ロックをかけてもらう(一部機種では遠隔ロック用のソフトが入っていて自分で遠隔ロックをかけられる)か、カードを止めてもらわないと誰でも使い放題になります。

簡単に使えて便利は反面、セキュリティ面は少し不安な部分があります。

まとめ

Google PayでのiD決済の初期設定と使い方を説明してきましたが、設定さえしてしまえば直感的に使えて簡単ですね。

簡単に使える反面、セキュリティ面で少し不安があるので、Google Payを使う人はその点を踏まえて使ってください。

2019年10月10日時点で、対象のクレジットカードは三井住友カードとライフカードしかありませんが、Google PayでiD決済ができるようになったのが2019年10月1日からなので、今後対象カードは増えるかもしれません。

iDは全国のコンビニや飲食店、量販店など多くの店舗(決済端末96.5万台(2019年9月25日時点))で使えますので、街で見かけることが結構多いです。

Androidスマホを使っている人は紛失した場合の対応に留意しつつ使ってみてはいかがでしょうか。

Google PayでiDを使うのに今おすすめのカードは 三井住友VISAカードです。

2019年12月27日までの期間限定ですが、カード利用金額の最大20%(12,000円まで)が還元されるキャンペーンを開催中です。

今申し込むならお得なキャンペーンとなっていますので、この機会に1枚作ってみてはいかがでしょうか。

↓三井住友カードの申込はこちらから↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です