auからの乗り換えにおすすめの格安SIM4選【実体験を基に評価】

auの料金が高い、節約のために格安SIMに乗り換えたい、と思っている人に向けて、私が実際に使った経験に基づいてプランや料金の比較、メリット・デメリットをお伝えします。
 
auから乗り換えたいけど、手持ちのスマホはそのまま使いたい、という方にはau回線の格安SIMに乗り換えるのがおすすめです。2017年冬モデル以降のスマホならSIMロック解除不要でSIMを挿し替えるだけで使えます。
 
対応エリアと電話回線の品質はauと全く同じで、違うのはデータ通信の品質と付帯サービスのみです。
 
こちらで紹介している4つはどれを選んでもauの半額程度になりますので、au回線の格安SIMを探している人は是非参考にしてください。
 

au回線の格安SIM4選

キャリアと格安SIMの比較
簡易表

1.UQモバイル【おすすめ度:

2.BIGLOBEモバイル【おすすめ度:

3.mineo【おすすめ度:

4.IIJmio【おすすめ度:

UQモバイル【おすすめ度:

キャンペーン情報

UQモバイルの正規代理店リンクライフで5,000円キャッシュバックのキャンペーンを開催しています。キャッシュバックは開通月の翌々月末に振り込まれるので、受取までの期間は比較的短い方です。

当サイトでは公式ストアよりもリンクライフでの購入をおすすめしています。もちろん理由はお得だからです(私もリンクライフで申し込みました)。

どちらで申し込みをしても同じサービスが受けられるのですから、キャッシュバックがもらえる方がいいですよね。

 

【UQモバイルの一番の売りは?(個人の感想)】

  • 圧倒的なデータ通信品質

 

【月額料金】

  • スマホプランS(3GB) :1,980円
  • スマホプランM(9GB) :2,980円
  • スマホプランL(14GB):3,980円

※定額通話オプションは別料金

※他にデータ通信のみのプランもあります

 

【メリット】

  • どの時間帯でもデータ通信速度が高速
  • 違約金ゼロ
  • 通話オプションが別料金なので待受け中心の人でも選びやすい
  • 同一名義で最大5回線まで契約可能
  • スマホプランを複数回線契約すると2回線目から500円OFF

 

【デメリット】

  • 同一名義での同時契約は3回線まで(4回線目以降は90日空ける必要あり)
  • 半額通話サービスがない
  • 3日で6GB使うと通信制限がかかる
  • 1回線のみ契約なら他の格安SIMより少し高い

 

【UQモバイルのまとめ】

UQモバイルは、以前は品質は良いけど料金が高かったのですが、2019年10月のプラン改訂により、UQモバイルのスマホプランは安くて高品質なサービスへと変貌しました。

ただし、デメリットにも書いたように、1回線の契約だと割引がないので、スマホプランSだと他社より300-400円くらい高くなります。

また、同一名義では一度に3回線までしか申し込めないので、父・母・子供2人の4人家族で同時に申し込みたい場合は、父と母の名義で契約して、それぞれに子供の回線をぶら下げることになるので少し面倒です(家族割は一本にまとめられます)。

家族全員で乗り換える場合には、2回線目以降で500円の割引が効くため合計金額は他社と比較しても安い部類に入りますし、60分定額通話オプションが500円とこちらも他社より安いので、通話が比較的多い人にも使えるサービスになっています。

UQモバイルのスマホプランは品質と料金のバランスが優れているため星5つをつけました。

 

BIGLOBEモバイル【おすすめ度:

BIGLOBEモバイルの公式サイト
キャンペーン情報

対象期間:2019年12月1日まで

新規に音声SIM(3GB以上)を申し込むとで初期費用(3,394円)と送料が無料になるキャンペーンが開催されています。

また、音声SIM(3GB)以上でエンタメフリーオプションに初めて申し込む場合のみ、申込月を1か月目として6か月目の末日までエンタメフリーオプションが無料で利用できます。エンタメフリーオプションは解約料がかからないので、お試しで使ってみて不要だと思えば解約することもできます。

 

【BIGLOBEモバイルの一番の売りは?(個人の感想)】

  • 高品質かつエンタメ系サービスの充実

 

【月額料金】

  • 1GB  :1,400円
  • 3GB  :1,600円
  • 6GB  :2,150円
  • 12GB:3,400円
  • 20GB:5,200円
  • 30GB:7,450円

※定額通話オプションは別料金

※他にデータ通信のみのプランもあります

 

【メリット】

  • 速度低下の時間が少ない
  • 半額通話サービスがある
  • 定額通話オプションの種類が豊富
  • 6GB以上のプランなら通常250円の公衆WiFiオプションが無料
  • 3GB以上のプランで容量シェアができる
  • 月480円~指定の動画・音楽配信サービス使い放題

 

【デメリット】

  • 通話アプリ使用時に月一でユーザIDとパスワードを求められる
  • 平日昼間(12時台)は大きく速度低下する
  • データ通信の高速⇔低速の切り替えができない
  • 3日で6GB使うと通信制限がかかる

 

【BIGLOBEモバイルのまとめ】

BIGLOBEモバイルは、auと同じKDDIグループの傘下にいるからか、au回線の品質が特に良く、平日の12時台を除けば安定して高速通信ができて使い勝手が良いです。ちなみに、遅いと言ってもメールやLINEを使う分には全く問題ありません。

また、3GB以上のプランなら容量のシェアができるのも魅力です。

例えば4人家族で12GBを使いたい場合、3GBを4回線申し込むよりも12GBを申し込んで4人でシェアする方が安くなりますし、配分できる容量に制限はないので、使い方に合わせて柔軟に使うことができます。

YouTubeなどの動画配信サービスやApple Musicなどの音楽配信サービスではギガ消費しないエンタメフリーオプションが月480円から使えるので、エンタメ系サービスをよく使う人にもおすすめできます。

平日昼間の速度低下以外はほぼ満足できる品質・サービスのため、星は4.5としました。

 

mineo【おすすめ度:

【mineoの一番の売りは?(個人の感想)】

  • コミュニティ機能の充実

 

【月額料金】

  • 500MB :1,310円
  • 3GB   :1,510円
  • 6GB   :2,190円
  • 10GB :3,130円
  • 20GB :4,590円
  • 30GB :6,510円

※定額通話オプションは別料金

※他にデータ通信のみのプランもあります

 

【メリット】

  • 半額通話サービスがある
  • 違約金ゼロ
  • コミュニティサイトが充実している
  • 当月に余ったパケットの他のユーザと受け渡しできる

 

【デメリット】

  • 60分通話定額オプションが高い
  • 通勤・通学時、昼休み、帰宅時間の3つでの時間帯で通信速度が低下する
  • 3日で6GB使うと通信制限がかかる
  • 複数回線契約による割引率が低い

 

【mineoのまとめ】

mineoは、平日の8時頃、12時台、18-19時台は通信が混雑して速度低下が起きますが、それ以外の時間帯では快適に使えます。

mineoはコミュニティサイトが充実しており、不具合や不明点がでてきたら過去の質問を検索して探すことができますし、過去になければ新規に質問すると別のユーザがすぐに回答してくれるので、初めての格安SIMで困ったことがあってもサポートを受けやすい環境があります。

また、当月余ったデータ容量をフリータンクという入れ物に入れ、容量が足りなくなった人がフリータンクから1GBまで引き出せるという仕組みもあり、ユーザ同士で助け合える環境が整っています。

 

全体的に品質が良く、コミュニティ機能も充実しており使えるサービスとなっていますが、通信速度の低下が朝、昼、夜3つの時間帯で起きるのと、定額通話オプションの料金設定が他社よりかなり高いので、星は辛めに3.5としました。

10分かけ放題オプションは他社と同等の金額設定なので、mineoで通話オプションをつけるならかけ放題が良いです。

 

IIJmio【おすすめ度:

 

【IIJmioの一番の売りは?(個人の感想)】

  • 家族間通話がお得

 

【月額料金】

  • 3GB   :1,600円
  • 6GB   :2,220円
  • 12GB :3,260円

 

<定額通話オプション>

  • 誰とでも3分&家族と10分  :600円
  • 誰とでも10分&家族と30分 :830円

※他にデータ通信のみのプランもあります

 

【メリット】

  • 半額通話サービスがある
  • 家族間通話なら通話料60%割引
  • 定額通話オプションで家族間通話が1回10分もしくは30分無料
  • 5人まで同時に乗り換え可能

 

【デメリット】

  • 午後の多くの時間帯で通信速度が低下する
  • 容量シェアができるのが12GBプランのみ
  • 3日で6GB使うと通信制限がかかる
  • 低速モードで3日で366MBを超えると通信制限がかかる

 

【IIJmioのまとめ】

IIJmioは、老舗の会社が運営しており、歴史も長いためユーザ数も多くなっています。月に3-4回程度は設備の増強をして通信速度の改善を行ってはいますが、それでも通信速度が多い時間が多くなっています。特に12時以降はほとんどWEB閲覧ができないと思った方が良いでしょう。LINEやメール程度なら問題ありません。

しかし、家族間通話に関しては通話料が60%割引になったり、定額通話オプションで600円で1回10分まで、830円で1回30分まで何回でも無料になるなどサービスが充実しているため、家族間での通話が多い人には最適なプランとなっています。

評価は通信速度だけで見ればかなり低いのですが、家族間通話サービスが充実している点から星3つとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です